ふるさと紹介

第5回ふるさと紹介(アウグストさん;ペルー)

4月22日に「あすみん」にて第5回目の「私のふるさと紹介」を行いました。今回はアウグストさん(九大大学経済学部在籍)でペルーからの留学生です。日本に来た当初はスペイン語以外は話せず大変不安だっということでしたが、英語はもちろん日本語も大変上手でした。アウグストさんは料理が大好きで、ペルーの食材や料理についての話や日本料理との共通点などとっても面白かったです。ペルーはインカ文明が大きく発展した後は、スペインに征服されて以来日本人も含め多くの移民が入植して現在に至っていますが、現在では大まかに海岸の民、山の民、密林の民に分かれていて、言語も異なり国内でのコミュニケーションはなかなか難しいという話も面白く拝聴しました。ナスカの地上絵やマチュピチュは1度は見てみたいものです。

第10回ふるさと紹介(ティエレクリバリさん;ブリキナファソ)

11月19日に「あすみん」にて第10回目の「私のふるさと紹介」を行いました。今回はティエレクリバリさん(九大大学工学部前期博士課程在籍)でブルキナファソからの留学生です。ブルキナファソって国知ってました?アフリカのコートジボアールの上に位置する国で、元フランスの植民地であったことから、公用語はフランス語です。日本でもほとんど馴染みの無い国から福岡に留学に来て頑張っている若者を見ると思わず応援したくなります。日本語も少しずつですが話せるようになったそうです。

第6回ふるさと紹介(ジョナサンさん;ニュージーランド)

5月27日に「あすみん」にて第6回目の「私のふるさと紹介」を行いました。今回はジョナサンさん(九大大学工学部在籍)でニュージーランドからの留学生です。ニュージランドの先住民族はマオリ族ですが、マオリ族の特徴は男性は顔全体に、女性はあごの部分に入れ墨をしているもので、成人の印としていれずみを入れてたようです。また、今でもマオリの文化・遺産は大事に保存してとのことです。ニュージーランドは気候も温暖で、治安のいい国でもあるため、ヨーロッパ以外で、アジアからの移住者も多く、オークランドは様々な人種がいて、国際都市として成長を続けています。ニュージーランドは2つの大きな島が中心ですが、島と島の間には橋はなく、交通手段が飛行機か船(フェリー)だけで、ジョナサンさんは北の島オークランドの出身ですが、南の島へは1度しか行っていないそうです。ジョナサンさんは高校生の時から日本語を勉強していたそうで、日本語も大変上手で、将来は学校の先生になりたいそうです。ちなみに福岡市とオークランド市は姉妹都市となっています。ワーキングホリデーには最適な国だと思いました。

「私のふるさと紹介」について

「ハートフルネット福岡では「私のふるさと紹介」という定期的イベント(1回/月)を実施し、九州大学の留学生を中心に母国の歴史、文化、自然、経済、教育などについて講演を行ってもらっています。このイベントの目的のひとつは多くの市民の人にアジア、アフリカ、南米などのさまざまな国について広く知ってもらうことと、もうひとつはこれらの国々からの留学生との交流通じて、留学生たちの生活を支援することにあります。この活動を継続して行うため参加費500円をいただいていますが、この様な趣旨をご理解いただき多くの方に参加いただきたくよろしくお願いいたします。講演の内容も随時更新していきますので参考下さい。